プロフィール

とぺ・すいしーだ

Author:とぺ・すいしーだ


ようこそ!
プラモデルの製作代行屋
素人思考製作所のブログです。

完成品はこちら

お知らせ:
2010年2月8日
雑誌に掲載されました。
詳しくはこちら

※只今、こちらの都合申し訳御座いませんが、当サイトでの製作の受付は一時中断させていただいております。
現在は姉妹サイトY.n. Technical Worksにて、カーモデルの依頼も承っております。
※料金は当サイトと異なることがあります。
製作のお見積もりのご依頼やご質問の際は直接Y.n. Technical Worksへお願い致します。

2013年3月新オープン!!
大阪にプラモデルの製作スペースを提供する
AMENITY CRAFT -アメニティクラフト-
http://www.amt-craft.jp/
がオープンしました!!
店長はY.n. Technical Worksの管理人がつとめております。

ランキング
ランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。↓
自動車
プラモデル
ガンプラ
製作
塗装
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作代行

無料お見積もりはこちら
製作代行料金についてはこちら

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願い致します。↑

アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part3

前回までのプラモデル製作はこちらから
アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part1
アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part2


この前のボディ製作の続きです。


以前、ペーパーがけしたボディに再度クリアーで塗装して乾燥させると、真っ白だった状態から再度光沢のある状態に。

DSCN1608.jpg


そして、更にコンパウンドで鏡面仕上げにしていきます。

DSCN1610.jpg

タミヤコンパウンド(細目)→タミヤコンパウンド(仕上目)
の順に研磨しました。


続いて、ウィンドウの窓枠やテールランプ等のクリアパーツの塗装を行い、ボディに接着するパーツを仕上ました。

DSCN1616.jpg

これらのパーツを順に接着して行きます・・・
と、思ったのですが、ここで少々問題が発生しました。

マニュアルをよく読んでみると、穴あけ作業の文字が…。

DSCN1611.jpg

しかも、開ける穴はかなり細く、私も持っているローターのドリルではかなり厳しいことが分かりました…。


そこで、致し方なく、Amazon様でピンバイスを速達注文!

DSCN1612.jpg

密林パワーでその日のうちに届きました。
こういうとき、有料会員になっているとほんと助かります。


無事0.8mmのドリルで綺麗に穴が開いてくれました。

DSCN1615.jpg


そして、本体に接着予定のパーツを順に付けていきます。

DSCN1618.jpg


ただ、パーツをくっつけていくだけなんですが、今回のプラモデル製作…ここの製作が一番苦労しました!

このプラモデルのキットで左右が対になっているパーツがかなり曲者で・・・
たとえば、ミラー、ヘッドライト、テールランプなんかがそうなんですが、どちらかはピッタリと形が合ってくれるのに、どちらか一方が必ず形が合ってくれなくて、普通に接着するだけだとパーツが浮いたり、型にハマってくれなかったりと、かなり大変でした。

それに地味に接着させづらいパーツが多く、簡単に接着するだけだとすぐにパーツがポロッって状態になってしまいます。

より確実な接着と、接着剤の乾燥の繰り返しに時間をかけました。

ここの接着だけの工程で約5日も時間を費やしてしまいましたが、なんとか上手くいきました。


これが、ボディとシャーシ部分を結合したところです。

DSCN1620.jpg

この車高はかなりの迫力です。


そして、シャーシ裏にも、ボディを取り付けた後に接着しなければならないパーツが沢山あります。

DSCN1622+.jpg


シャーシ裏のパーツを全て付けて完成です。

DSCN1623.jpg


以下が完成品の写真となります。


DSCN1624.jpg
DSCN1627.jpg
DSCN1630.jpg
DSCN1633.jpg
DSCN1635.jpg
DSCN1636.jpg
DSCN1643.jpg


車高が高くてショールームの天井までのスペースがあまりなくて撮影に苦労しましたが、やはり迫力はありますね。

それでは、今回のプラモデル製作はここまです。


次回作成予定のプラモデルは、とある痛車です。
というか、1ヶ月ほど前からちょっとずつ作っては居るのですが、時間がなくてブログには乗せれてない状態です…。

運がよければすぐに掲載できるかと思いますので、またよろしくお願いします。


製作代行

無料お見積もりはこちら
製作代行料金についてはこちら

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願い致します。↑
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : プラモデル アオシマ 自動車 カーモデル ハイラックスサーフ 鏡面仕上げ

アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part2

前回までのプラモデル製作はこちらから
アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part1


今回はまず前回下地処理を行ったボディの塗装にとりかかります。


前回下地処理を行ったボディを黒色で塗装し、デーカールを貼り、そして最後にエアブラシでクリアーを厚く吹いていきます。

DSCN1595.jpg


バンパーなどの細かい塗り分けはマスキングゾル・改を使って塗装していきます。

DSCN1582.jpg


細かなパーツもすべて塗り分け塗装した後にエアブラシで厚くクリアーを吹いていきます。

DSCN1598.jpg


そして続いては、厚く吹いたクリアー層を平らにするために、ペーパーで削り出していきます。
少しでも油断すると本体の塗装カラー層を削ってしまって、下地出てきてしまうという恐ろしい事態になりかねないので、ここは慎重にいきました。

DSCN1600.jpg

1500番→2000番の順に水を使いながらペーパーで削り出していくと、こんな感じで真っ白になってしまいますが、再度クリアーを吹くと元通りになります。

そして、再度エアブラシで厚くクリアーを吹いて、ここでしばらく1日以上乾燥させます。


その間に次は内装を製作していきます。


まず最初に内装となるメインカラーで一気に塗装します。

DSCN1594.jpg


続いて、マスキングゾル・改やマスキングテープでマスキングしながら、色を塗り分けていきます。

DSCN1597.jpg


塗装が終わり、マスキングを剥がすと、こんな感じに・・・。

DSCN1602.jpg


あとは組み立てです。
まずは一番細かいダッシュボードを作成しました。

DSCN1603.jpg


あとは、全てのパーツを接着して合体させれば内装の完成です。

DSCN1604.jpg


ということで、今回はここまでで。
次回は本格的にボディの鏡面仕上の磨き出しの作業に取り掛かります。
では、part3に続きます。


part3できました。
アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part3


製作代行

無料お見積もりはこちら
製作代行料金についてはこちら

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願い致します。↑

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : プラモデル アオシマ 自動車 カーモデル ハイラックスサーフ 内装

アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part1

お久しぶりの更新です。
今回のプラモデル製作はアオシマのキット「1/24 ザ・ベストカーGT No.97 ハイラックスサーフ ワイド」です。

DSCN1592.jpg


今回製作するのはパッケージのカラーと異なり、ブラックカラーバージョンを作成します。


まずボディの下地処理です。

DSCN1578.jpg

特に目立ったパーティーションラインないので、軽く全体をヤスリがけして、中性洗剤で洗浄し、サーフェイサーを全体に吹いて一旦乾燥させます。


その間に他のパーツの塗装です。
つや消しブラックで塗装可能なパーツをまとめて塗装していきます。

DSCN1585.jpg


一通り塗装し、乾燥を終えたところで、シャーシの製作に入ります。

このプラモデルのキットで驚いたのが、シャーシが凄い凝っており、パーツ数もかなりの数となっていました。
4WD系の車のキットだとみんなこんな感じなのかな…。

DSCN1586.jpg


先程作ったフロント部分をシャーシに付けていきます。

DSCN1587.jpg


更に他のパーツも付けていきます。

DSCN1588.jpg


更にパーツを取り付けてシャーシの完成です。

DSCN1590.jpg


今まで製作してきたカーモデルのなかで、一番のシャーシの厚みかと思われます。

とりあえず、シャーシが完成したところで、続きは次回のPart2に続きます。


Part2できました。
アオシマ プラモデル ハイラックスサーフ ワイド part2


製作代行

無料お見積もりはこちら
製作代行料金についてはこちら

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願い致します。↑

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : プラモデル アオシマ 自動車 カーモデル ハイラックスサーフ シャーシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。